アルミサッシのメーカーには、様々ありますがシェアが多いのがYKKの製品です。なんといっても構造がしっかりとしているため、丈夫で壊れにくいというのがメリットです。そして、サイズバリエーションも豊富にあり、その家に合った大きさを選ぶことができます。もちろん、商品数が多くフィット感もあり雰囲気に合わせて選ぶことができます。そして、機能性も充実しています。夏でも冬でも断熱効果が高いと快適に生活ができます。そして、冷暖房効率が高いので省エネにつながります。そして、アルミを原材料としているため、軽量となっています。そして、ガラス自体も種類があり曇りガラスや金網入りなどがあります。使う場所によって種類を変えることもできます。そして、防音性にも力を入れているので、外の音はもちろんのこと中の音も漏れにくくなります。

アルミサッシといえばYKK

YKKは、アルミサッシのシェアにおいては国内で2位のアルミ建材メーカーとなっています。事業の中核としてはほかにファスナーを持っていますが、会社としては早い段階でアルミ建具の生産に取り掛かっています。そのため、アルミサッシといえばYKKというイメージがすっかり出来上がっていますので、家を建てる、あるいはリフォームをするといったとき、建築会社からどのようなアルミ建具を選ぶかとして、YKKのカタログを渡されることも多いでしょう。国内1位のシェアを誇る会社を選ぶという選択もある中、最終的には同社にどれくらいの親近感や信頼を寄せているかで選ぶことになりそうです。もとよりアルミサッシの品質には問題はなく、世界でも高水準の非常にいい商品を作っていますので、選んで後悔するということはありません。その点では安心できるメーカーです。

YKKのアルミサッシでエコリフォームを

アルミサッシをはじめとするアルミ建具の生産・販売を手掛けているYKKは、家の窓に注目しています。昨今、エコリフォームとして窓を見直す動きがみられるようになっていますが、窓の取り換えを行うほか、内窓を取り付けるという、より簡単な方法を提案しているのがYKKです。アルミサッシだけでなく、新たに樹脂サッシと呼ばれる新素材を加え、より断熱性に優れ、遮音性能も上げる内窓を市場に送り出しています。これによって家の暖房および冷房効果が上がり、少ない電力で効率よく家の中の冷暖房を管理することが可能になりました。地球環境への負担が少なくなるということからエコリフォームと呼ばれ、工事に対して助成金を支給する自治体も増えています。窓が気になったらYKKのアルミサッシ技術を調べてみることで、意外と簡単に解決できる方法が見つかりそうです。