家を建てるにあたって必要不可欠なのが、アルミサッシです。窓枠に使われることが多く、加工が簡単なことから日本の住居では9割近くにアルミサッシが使われています。YKKは国内で2番目のシェアを持つメーカーで、会社は早い段階でアルミ建具の生産を行ってきました。アルミサッシは軽量で腐食に強いことから、家の建築に多く使われていますが、その一方で断熱性には劣るという面があります。冬場、窓の結露がひどいというお宅は、このデメリットを非常に強く感じているのではないでしょうか。そのため、YKKではアルミサッシのデメリットを少しでも改善する方法として、新たに樹脂サッシを開発しました。これまでの窓の内側に取り付けて二重窓にするだけで断熱効果がアップし、結露も防げるというわけです。アルミのサッシが浸透している日本では、改善策も簡単な方がよさそうです。

リフォームの際に、YKKアルミサッシが有利

窓の建具をアルミサッシ窓に取替える際に、成功させるためのポイントが4つあげられます。①交換取替の商品決定、②業者による事前調査と提案見積りの内容検討、③施工方法による準備・他への影響、そして④手直しを含めたアフターメンテナンスです。特に、①については、取替前が木枠なら外壁に影響のない「内付けタイプ」がいいでしょう。現在もアルミサッシで、あたらしいものに取替えとなると、取外しも手間がかかり、外壁を一部壊すこともある為、工期・施工費用のどちらも多めに考えておかねばなりませんので、②の段階で業者に確認することが必要です。YKKでは、アルミ窓の取替えにより、室内の温度がやわらいで快適に過ごせるだけでなく、月々の光熱費も下がるエコ商品が開発されていますので、少々高い商品であっても将来の為に検討するべきでしょう。

YKKのアルミサッシは品質が高い

YKKが取り扱っているアルミサッシは品質が高いということで人気があります。そして、シェアも多く住宅メーカーでも採用しています。その中で、製品よっても特徴が違うのですが、室内と外気の温度差をはっきりとさせる機能があります。断熱効果が高く、外が寒くても中は温かいままにすることができます。逆に夏では日光が当たっても熱く感じないようになっています。そして、その家や場所に合わせてサッシを調節できるので、どのような場所にでも設置ができます。アルミと樹脂を使っていて、見た目はおしゃれなのですが、しっかりとした強度があります。そのため、昔の家だと戸が開きにくくなったり、ずれが生じることがありました現在では歪みが少なくなっています。デザインも豊富で、室内外の色に合わせて選ぶことができます。ポイントとなるのが、雨水を排水する部分が付いていてきれいに保つことができます。